EIGHT BRANDING DESIGN

弊社代表、ブランディングデザイナーの西澤明洋が、建築系の出身でありながら、
現在は建築系以外の分野で活躍するデザイナーやクリエーターなどにインタビューして、発想の原点を探っていく
連載「アーキテクチュアル・シンキング – アイデアを実現させる建築的思考術」(日経デザイン)。

第14回は、コミュニティデザイナーとしてさまざまな地域でまちづくりのワークショップや市民参加型プロジェクトを手がけるstudio-L代表・山崎亮さんへのインタビュー(後編)です。

_______
誌名:『日経デザイン』2018年6月号
発行:日経BP社
記事名:「アーキテクチュアル・シンキング 第14回studio-L代表・山崎亮氏(後編)当たり前の解決策ではなく、「そう来たか」と思わせる」
掲載ページ:p.78〜81
_______

▼日経デザイン オフィシャルウェブサイト
http://business.nikkeibp.co.jp/ND/

【最新ブランディングデザイン実例】
コピー用紙を資源に変えるアップサイクルサービス「PELP!」
戦略立案・コンセプト開発・ロゴデザインなど、すべてのデザインを担当しています。

紙の使用量は文化のバロメーターと言われ大量生産、大量消費がもてはやされていた高度経済成長の時代から、古紙の再生に取り組んできた山陽製紙株式会社。地球の資源をいかに後世に残すかが問われる今、木材や水など環境資源を大量に使用する製紙業として環境問題に真摯に向き合い、「自分が環境活動に貢献しているという喜びを実感したい!」という志を共にするニーズに応えるため、紙のアップサイクルサービスブランド
「PELP!」を立ち上げることになりました。

●環境後進国 日本を変える!エコの事業ブランド化に挑む
ブランディングデザイナー西澤明洋は、環境的な取り組みは事業化しにくいと言われる環境後進国日本で「PELP!」サービス事業成立化のため、戦略コンサルティング、商品政策、企画、デザインなど統合的に一本筋の通ったブランディングデザインを手がけています。

●ワークショップで「強み」にフォーカス
ブランド開発は約1年間、山陽製紙株式会社のプロジェクトメンバーとワークショップを通して実施。戦略として、山陽製紙株式会社で 培われてきた小ロットでの古紙再生技術を活かし、インタラクティブに古紙の少量回収を可能とする会員制を計画。また、山陽製紙株式会社が世界に先駆け運用している独自の再生紙トレーサビリティサービス「KAMITORE(カミトレ)」を導入することで、どの企業で分別された紙がどんな紙製品に生まれ変わったかなど再生状況のすべてが追跡可能となり参加企業のCSR活動向上に貢献します。このように強みにフォーカスし最大限に発揮させることで他社と差異化しブランドを確立しました。

●社会とブランドの接点をデザイン
戦略策定後、ブランドの軸となるコンセプトやネーミング開発、会社案内パンフレットや名刺などの企業ツールから、100%再生紙をアップ サイクルした商品、エコ活動への積極的な姿勢や「PELP!」に携わる人々の思いを伝えるブランドムービーに至るまで経済効率性も熟考しながら「PELP!」ブランドと社会の接点となるデザイン全体をデザインしています。

●ブランドムービー
https://www.youtube.com/watch?v=OuvlBKhLKr0

<会社、商品に関するお問い合わせ>
株式会社担当:山陽製紙株式会社
住所:〒590-0526 大阪府泉南市男里6-4-25
TEL:072-482-7201(代) / FAX:072-482-7204
http://www.sanyo-paper.co.jp/

プレスリリース( PDF )はこちらよりダウンロード可能です。
http://www.8brandingdesign.com/press/wp-content/uploads/2018/05/180517_pelp_fix.pdf

建築雑誌『KJ』2018年6月号の連載「与条件と未条件」に弊社代表・西澤明洋のインタビューが掲載されました。
「与条件と未条件」は、創造系不動産代表の高橋寿太郎さんによる連載で、建築の設計要綱などの“与条件”と、はじめは顕在化しませんが実は設計に大きな影響力を持つ情報である“未条件”を考察する、とても読み応えのある記事です。
ぜひご覧ください。

_______
誌名:『KJ』2018年6月号
発行:株式会社KJ
記事名:「与条件と未条件 PHASE D:建築設計とブランディングデザイン」
掲載ページ:p.2
_______

▼株式会社KJ オフシャルウェブサイト
http://www.kj-p.co.jp

弊社がブランディングデザインを手がけた揚げ菓子「あおざしからり」が「日本パッケージコンテスト2017」の菓子包装部門賞を受賞し、日報ビジネス株式会社発行の『月刊カートン・ボックス』の「“ベストパッケージへの挑戦”包装改善・開発ーー6つの視点」に掲載されました。

_______
誌名:『月刊カートン・ボックス』2018年5月号
発行:日報ビジネス株式会社
記事名:「“ベストパッケージ”への挑戦 包装改善・開発ーー6つの視点」
掲載ページ:p.30
_______
▼日報ビジネス株式会社 公式ウェブサイト
https://www.nippo.co.jp/cb/

「働き方改革」を支援する会社、株式会社チームスピリットの勉強会にて弊社代表・西澤明洋が講演します。

デザインの力で、企業の価値を高めようという動きが国内外で加速しています。
ブランディングデザインとは、あらゆる業態において「商品・サービス・企業を、コンセプトや企画からトータルにデザインし、そこでつくりだした”ほかとは違う価値”を確実に伝えていく」活動です。
他者との差異化を行うことで、多くの人にブランド価値を伝え、手にとってもらう状況をつくり出します。
本勉強会では、ブランディングデザインの基本的な考え方に加え、デザインによりブランド力を上げ、売り上げアップに貢献してきた実例を基に、ブランディングデザイン活用の考え方と、その実践方法のポイントをわかりやすく解説します。

_______

【日 時】2018年6月20日(水) 19:30~21:00(19:00開場)
【場 所】株式会社チームスピリット(東京・京橋)
【主 催】株式会社チームスピリット
【申 込】主催者に直接お申込みください。
▼株式会社チームスピリット 公式ウェブサイトhttps://www.teamspirit.co.jp/blog/seminar/2018/05/teamspirit-university-02.html
_______

デザイン性に優れた最新製品やプロダクトを通じ、様々なライフスタイルのニーズに答える見本市「Interior Lifestyle Tokyo」。
その特別企画「LIFESTYLE SALON」にて、弊社で毎月実施しているトークセミナー・クリエイティブナイトの特別出張版「おでかけクリエイティブナイト」を開催します!
今大注目のECサイト「北欧、暮らしの道具店」を運営する(株)クラシコム代表取締役の青木耕平さんをお迎えし、弊社代表・西澤明洋がその人気の秘訣に迫ります。

_______

【日 時】2018年5月30日(水)16:00~17:00
【場 所】東京ビッグサイト 西1ホール
【主 催】メッセフランクフルト ジャパン(株)
【申 込】聴講無料・事前予約不要
※会場へ入るには入場料が必要です。来場事前登録で入場料が無料になります。
▼Interior Lifestyle Tokyo来場事前登録
https://www2.mmfcservice.com/ilt2018/ja/regist/index.htm
_______

ウェブメディア『FINDERS』にて、弊社代表・西澤明洋のインタビュー記事が公開されました。
西澤の「ブランディングデザイナー」としての出発点や、弊社の社員教育についてもお話しています。ぜひご覧ください。

▼FINDERS
デザイナーの本質を追う男。エイトブランディングデザイン代表・西澤明洋氏