EIGHT BRANDING DESIGN

本書は、青山ブックセンターで約1年半に渡って開催した、
トップクリエイター12人との対談形式で開催した連続セミナー『クリエイティブのABC』を書籍化したものです。
グラフィック、プロダクト、建築、パティシエール、ジャーナリスト、編集、バイヤーなど、様々な分野のトップクリエイターの方々をお招きして、その実践と方法を掘り下げています。
デザインとディレクションの関係、デザインの方法の話など、クリエイティブの活用方法を、ブランディングデザインの視点からみなさんのお話を分析する形で書き下ろした内容になっています。

もともと弊社西澤がお話を聞きたいと思っていた方々にお集りいただいたセミナーだったので、とても濃いお話となっています。
クリエイティブに興味のある方々、すべての方におすすめです。
是非、書店で手に取ってご覧ください。
_______________________________

『クリエイティブのつかいかた』
  ~ ビジネスに活かすトップクリエイター12人の仕事術 ~

・柴田文江 (プロダクトデザイナー)
・猪子寿之 (チームラボ代表)
・植原亮輔 (クリエイティブディレクター)
・渡邉良重 (アートディレクター)
・谷尻誠 (建築家)
・柿沢安耶  (パティシエール)
・田川欣哉 (デザインエンジニア)
・山崎亮 (コミュニティデザイナー)
・岸勇希 (コミュニケーションデザイナー)
・佐渡島庸平 (コルク代表)
・山田遊 (バイヤー)
・津田大介 (ジャーナリスト)

定 価:1,800円+税
刊 行:2016年4月15日
著 者:西澤明洋
出版社:日経BP社

↓詳細はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4822235114/

全国の書店に先駆けて、アマゾンでの予約もはじまりました。
是非ご一読よろしくお願いします。

『クリエイティブのつかいかた』

「SUZU PR COMPANY」は、
株式会社中川政七商店にて広報担当としてPR実績を積まれた鈴江恵子氏が、
2015年5月に設立しました。

弊社では「SUZU PR COMPANY」のブランディングデザインを手掛け、
ブランドコンセプト、ロゴ、VIデザインをお手伝いしています。

PR(パブリック・リレーションズ)とは、
組織をとりまくパブリック間でお互いに利益をもたらす、
コミュニケーションのプロセスです。

SUZU PR COMPANYは、
単なる「パブリック・リレーションズ」にとどまらず、
「パーソナル・リレーションズ」の重要性に着目し、
一歩踏み込んだ丁寧なコミュニケーションで、
魅力を最大限に引き出しPRすることを目指す会社です。

ロゴマークでは、
代表の鈴江恵子氏の名字の「鈴」をモチーフに、
広く遠くまで伝える「パブリック・リレーションズ」を
鈴の音の響きで、シンプルにわかりやすく表現しています。

鈴の音を響かせるように温かみのあるコミュニケーションで、
「パーソナル & パブリックリレーションズ」を追求されています。

SUZU PR COMPANY
http://suzu-pr.com

「SUZU PR COMPANY」のブランディングデザインを手掛けました

有機米おむすび店「七むすび(しちむすび)」は、
農薬・化学肥料を一切使用しない有機米のみを扱うおむすび専門店です。
お米本来のおいしさを味わっていただき、毎日でも安心して食べられるおむすびを提供しています。

「七むすび」という名は、“お米には七人の神様がいる”という云われと紐づけて
有機米をつくる自然の恵み〈太陽、山、風、水、大地、虫、草木〉を七つの神様とする意味を込めています。
「有機米は、おいしい。」をコンセプトにお米に誠実に向き合い、世へ伝えていく姿勢を表しています。

ロゴは、七つの恵みに人を加えたデザインで、俵型のエンブレムにまとめています。
稲の実りの色である“黄金色”と、上質で誠実感のある“紺色”をブランドカラーとし、
パッケージやユニフォーム、WEBサイトなどのツールへ統一して展開しています。
インテリアデザインは、白い石や白木などの自然素材を基調に、素材感を活かしたデザインを施しました。
(設計:KAMITOPEN 吉田昌弘氏)

みなさまぜひ一度、召し上がってみてください!

● 七むすび ブランドサイト
http://www.7musubi.com

有機米おむすび店「七むすび(しちむすび)」のリブランディングデザインを手掛けました。

有機米おむすび店「七むすび(しちむすび)」のリブランディングデザインを手掛けました。有機米おむすび店「七むすび(しちむすび)」のリブランディングデザインを手掛けました。

「ANN & CO.」は、新しいあんこの楽しみ方を提案する、あんこ専門店です。

弊社では「ANN & CO.」のブランディングデザインを手掛け、
ブランドコンセプト、ロゴ、VIデザインをお手伝いしています。

『あんこと仲間たち』というブランドコンセプトから、
「様々な食材」と「様々な種類のあんこ」との組み合わせを楽しむブランドとなりました。

店頭で焼きたてのどら焼きに、好みのあんとトッピングをはさむ「たてどら」や
新しいあんこの飲み物「あんドリンク」など、
様々なあんこを楽しむメニューを提供されています。

ロゴマークは、あんこの素材である、
小豆と白手亡豆(しろてぼうまめ)が重なる形で「ANN & CO.」の「 a 」を表現。
ブランドカラーは、あんこをイメージさせる深いエンジ色を選択し、
ツールから店頭までを、暖かみのある印象に仕上げました。

インテリアは、様々な大きさと色のレンガを
積み上げることで小豆や白手亡豆(しろてぼうまめ)を表現し、
ロゴマークをかたどったテーブル、豆のような丸い座面のスツールなどで、
ブランドの世界観を伝えています。(設計:KAMITOPEN)

● 「ANN & CO.」 / 福岡PARCO ※店舗情報:2016年4月現在
http://fukuoka.parco.jp/page2/9586/

あんこ専門店「ANN & CO.」のブランディングデザインを手掛けました。

あんこ専門店「ANN & CO.」のブランディングデザインを手掛けました。

あんこ専門店「ANN & CO.」のブランディングデザインを手掛けました。

あんこ専門店「ANN & CO.」のブランディングデザインを手掛けました。

あんこ専門店「ANN & CO.」のブランディングデザインを手掛けました。

リユースブランド「なんぼや」は、2007年に誕生し現在全国に33店舗を展開する、
ブランド品をはじめ貴金属や骨董品など幅広いアイテムを対象にした買取専門店です。

コンセプトは、「リユースのない人生はきっとつまらない」。
これまでの買い物を「買って使う」から「売ってつなぐ」ととらえ直し、
モノを購入する時のワクワク感に負けない、モノを売るドキドキ感を提供しています。
ロゴデザインは
リユースの循環を表す「∞」と、人生にトキメキを与える「+」を用いて表現しています。

インテリアデザインは「紡ぐ」をテーマに、
白いパンチングメタルの壁面に、様々なブランド品や骨董品の
イラストを、1本のブランドカラーの青い紐で一筆書きのように編み込みました。
1Fから4Fまで壁面全体のイラストをつなげることで、
「なんぼや」を通して様々な人の想いが紡がれていくことを表現しています。
(設計:KAMITOPEN 吉田昌弘氏)

ぜひ、足を運んでみてください!

● なんぼや ブランドサイト
https://nanboya.com

リユースブランド「なんぼや」のリブランディングデザイン

『ブランドのつくり方 − 小さな会社に「ブランド」を生み出す技術』

と題し、
東京都渋谷区にてブランディングセミナーを行います。

企業の規模に関わらず、これまでの実例を用いながら
ブランディングデザインの重要性についてお話しします。

セミナー詳細・申し込みは先はこちら
http://president-ac.jp/future_seminar/20160413

プレミアムセミナー『ブランドのつくり方 − 小さな会社に「ブランド」を生み出す技術』
●出演:西澤明洋(ブランディングデザイナー)
●場所:渋谷クロスタワー 24F
●日時:4月13日(水) 19:00~21:00(120分間)
●対象:経営者、商品企画・デザイン実務者など
●定員:100名(申込先着順)
●参加方法:申込制

●主催:PRESIDENT ACADEMY
経営者・起業家の継続的な成功のために開発された、学びの会員制セミナープログラム。
http://president-ac.jp/

プレミアムセミナー『ブランドのつくり方 − 小さな会社に「ブランド」を生み出す技術』