EIGHT BRANDING DESIGN

1942年に青果店として創業した青木商店は、
世界と比べてもフルーツが不足している日本人に、
より多くのフルーツを提供し健康的な食生活を支援するために、
「フルーツ文化創造企業」をスローガンに、様々なフルーツ事業を展開しています。

中でも手軽なかたちでフルーツがとれる「フレッシュフルーツジュース」の
新しいブランドとして、「Wonder Fruits」は誕生しました。

その時、最もおいしい産地と品種をえらび、
熟度を見極めたフルーツそのままの作りたてジュース。
その美味しさと健康効果の素晴らしさ(Wonder)を表現するため、
メニュー開発、ブランドコンセプト、ロゴデザイン、VIデザイン、
インテリアディレクションを弊社でお手伝いしました。

ロゴは、フルーツの素晴らしさを感じた時の驚きを表す「!」をモチーフにしており
濃い黄色の●は、熟した柑橘やバナナ等、完熟フルーツの実を表しています。

今回はメニューにも関わらせていただき、
比重のことなる2種のフルーツジュースをつかった
「ツインジュース」を開発。

またインテリアは「ライブキッチン」をテーマにしており、
調理場とカウンターの段差をなくして、オープンキッチンにする事で
ジュース作りの過程を直にお客様に見ていただき、
バイオーダーでつくりたてのジュースをご提供しています。(設計:KAMITOPEN)

店舗情報:2015年8月現在

イオンモール成田
http://narita-aeonmall.com/shop/detail/315

ピオニウォーク東松山
http://www.peonywalk.com/shopsearch/result.html?id=147

みなさま是非、足をはこんでみてください

wonderfruits_mainposter

wonderfruits_interior

 

本日8月10日発売となる、ジプシージャズバンド
BimBomBam楽団(ビンボンバンガクダン)の1stアルバム「BimBomBam」!
エイトブランディングデザインで、ブランディングデザインをサポートしています。

BimBomBam楽団は、侍ジャズバンド「PE’Z」のトランペッター Ohyama “B.M.W.” Wataru さんが中心となって結成した、新しいジプシージャズバンド。
現在は東京・代官山のレストラン「daikanyama O’KOK」で定期的にライブを行っています。

8月20日には東京・原宿のDEUS EX MACHINA HARAJUKU にて、リリースパーティーも行われますので、ぜひお越しください!
ジプシージャズで極上の時間が過ごせること間違いなしです。

リリースパーティーの詳細はこちらです。
http://bbbgakudan.tokyo/2015-8-20-リリースパーティーdeus-ex-machina-harajuku/

1stアルバムとグッズは、メンバー5人の手描き文字「BimBomBam」を展開させたデザインを行いました。
生まれたばかりのジプシージャズバンドなので、その勢いを表現しています。
エイトブランディングデザインでは今後も継続して、BimBomBam楽団のブランディングデザインを行っていきます。
今後も楽しみな展開を続々と準備中ですので、皆様ぜひチェックしてください!

bimbombam_sns_150809

創立85周年を迎えた大阪国際学園の守口キャンパス。
再整備の核となる旧1号館の建替計画のサインデザインを手掛けました。

校舎のデザインテーマは、大阪国際大学(Osaka International University)の頭文字、
スクールマークである「OIU」(Oは地球と和を、Iは人と自律を、Uは地球をめぐる世界的な発想、未来への指向と前進)からOIUの文字そのものをモチーフとして建物全体に展開し、学生や教職員全てに常に理念を意識させ、グローバルな発信拠点として位置づけることをテーマとしています。

oiu_01

Print

oiu_03

oiu_02

 

サインデザインは、オリジナルのフォント、ピクト、パターンを作成し、
学園の新しい時代へ挑戦する強い姿勢を、2次元のサイン枠を越えて表現しました。

アルミの鋳物で成形されたパネル材で空間を包み込んだエントランスや、サインパーティション、造作家具、造作照明、サインブラインドで包まれた各コミュニケーションエリア、そして門扉や外構フェンスなど様々な手法により、機能の枠を超えて「ブランド」を強化する新たな空間を展開しました。
建物全体に展開させたスクールマークの「OIU」が、愛校心を育む一助になればと願っています。

 

2014年より青山ブックセンター×日経デザイン×エイトブランディングデザインの共同企画による
【クリエイティブのABC】と題した連続セミナーを開催しています。
毎回ゲストをお招きし、弊社西澤が聞き手となって
これからのクリエイティブの新しい可能性を考えていくセミナーです。
第9回のゲストには、takram design engineering 代表の田川欣哉さんが登場します。

パソコンやインターネットの発達により、ここ10数年、
各分野における横断・融合の取り組みはますます加速しており、
デザイン業界でも様々なジャンルの統合が始まっています。
その中でも、プロダクト分野で特に新しい動きとされている
「デザインエンジニアリング」という領域。

新しい領域の創造の裏側には、必ずさまざまな試行錯誤や実験があります。
また仕事の生み出し方、世の中への啓蒙、スタッフの教育、働き方など、
新しいクリエイションを生み出す背景にも新しい試みがいろいろとあるはず。

エイトブランディングデザインの専門領域である、
ブランディングデザインの創造の過程と関連する事項を多く感じ、
お聞きしたいことが盛りだくさんです。

今回は、田川さんに『進化し続ける働き方』と題して、
デザインエンジニアリングにかける情熱や熱い思いを、
深く深くお聞きしたいと思います。

皆様のお申し込みをお待ちしております。

セミナー詳細・申し込みは先はこちら
http://www.aoyamabc.jp/culture/creative-abc9/

【クリエイティブのABC】第9回「進化し続ける働き方」
●ゲスト:田川欣哉さん(takram design engineering 代表)
●日時:2015年8月25日 (火) 19:00~21:00(開場受付 18:30~)
●会場:青山ブックセンター本店
●料金:1,944円(税込)
●参加方法:申込制

abc9

前回までの【クリエイティブのABC】ゲストのみなさま

第1回:クリエイターのエージェンシー「コルク」代表の佐渡島庸平さん
第2回:プロダクトデザイナーの柴田文江さん
第3回:建築家の谷尻誠さん
第4回:コミュニティデザイナーの山崎亮さん
第5回:コミュニケーション・デザイナーの岸 勇希さん
第6回:バイヤーの山田 遊さん
第7回:KIGIの植原亮輔さん、渡邉良重さん
第8回:チームラボの猪子寿之さん

______________________________________________________________
『クリエイティブのABC』NIKKEI DESIGN WEBサイトでも連載が始まっています。

第7回「グラフィックデザインの可能性」
KIGI 植原亮輔氏・渡邉良重氏( アートディレクター・クリエイティブディレクター)
http://business.nikkeibp.co.jp/atclnd/15/259861/072200009/

第6回「売れるショップのつくり方」
山田遊氏(method代表取締役・バイヤー)
http://business.nikkeibp.co.jp/atclnd/15/259861/062200002/