EIGHT BRANDING DESIGN

5月19日(木)ブランディングの明治大学の紫紺館にて、西澤が学生向けのセミナーを行いました。
学生のほか、社会人の方々にもお越しいただきました。皆さまありがとうございました!

熱心に聞き入る学生に向けブランディングについて熱く語り、質問コーナーは盛り上がりを見せ、 2時間みっちりの充実のセミナーとなりました!
学生の皆さまの熱心さとエネルギーにカンゲキ。我々スタッフも刺激を受けてきました。

帰り道、神保町=古本とカレーの町?ということで、
我々はらぺこスタッフは、気づけばふらふらとカレー屋の前へ。
お腹も満たされほくほく気分。
いい一日。

明治大学 紫紺館にて、セミナー開催のお知らせです。
これまでのデザインの事例をもとにブランディングデザインのプロセスを紐解きます。
企業経営・ブランドデザインに興味のある学生必見です!!

『企業価値を高める「ブランディングデザイン」を学ぶ』
● 日時:2011年5月19日(木) 18:30-
● 場所:明治大学 紫紺館 3階S4会議室
● 入場料:無料

学生はもちろん、学生以外の方でも参加可能ですので、
ご興味ある方は是非ご参加ください〜

2011年5月12日

掲載情報

釜浅商店がメディアに取り上げられました。
是非ご覧ください。

● 雑誌
近代食堂 5月号
散歩の達人 5月号
tocotoco 5月号
pen 5/15号
料理通信 6月号
Discover Japan 6月号

● web
プラスワンリビング
http://natural-life.shufunotomo.co.jp/news/?p=7701

ウーマンエキサイト
http://woman.excite.co.jp/topics/gourmet/rid_28773

読売オンライン
美しい調理道具と出会う、合羽橋の名店(1)
http://www.yomiuri.co.jp/homeguide/interior/recommend/20110419-OYT8T00602.htm

読売オンライン
美しい調理道具と出会う、合羽橋の名店(2)
http://www.yomiuri.co.jp/homeguide/interior/recommend/20110502-OYT8T00738.htm

GQジャパンweb
男子厨房に入る、ならば「良理道具」を新生「釜浅」で得よ!
http://gqjapan.jp/2011/05/06/男子厨房に入る、ならば「良理道具」を新生「釜/

● 新聞
サンケイエクスプレス 5月7日発売

道具の街、合羽橋にある料理道具屋「釜浅商店」のブランディングデザインを手掛けました。4月8日「良理道具」をコンセプトについにグランドオープンを迎えた料理道具屋「釜浅商店」。
明治41年創業の100年の伝統を受け継ぐ、歴史ある道具屋さんです。店の名の通り「釜」から歴史が始まったことから、ロゴは釜をモチーフにしています。

かっぱばし道具街をまっすぐ歩いていくと、中ほどに釜浅商店があります。
主に包丁を扱う左の店舗と、一般の料理道具を扱う右の店舗が隣り合わせに並び、黒の暖簾が店舗を覆うようにかけられています。

インテリアデザインはKAMITOPEN吉田昌弘氏にご担当いただき、コラボレーションしております。店内も改装し、向かって左のフロアは木を基調とした包丁・南部鉄器フロア。ずらりと並んだ包丁がものすごい迫力です!

向かって右のフロアは一般料理道具のフロアで、釜のふたをモチーフにした棚が点々と並びます!

店内も明るく気持ちのよい空間になっています。道具のお手入れや使い方のちょっとしたコツ、何でもスタッフの方が丁寧に教えてくれます。合羽橋にお立寄の際は、ぜひ釜浅商店へ足をお運びください!

リニューアルしたWEBはこちら
http://www.kama-asa.co.jp/