クリエイティブナイト※満員御礼

クリエイティブナイト第29回 建築家 藤村 龍至氏トークセミナー
「良いデザインのためのコミュニケーションプロセス」
(2018年4月25日(水)19:00スタート at エイトブランディングデザイン )

「ブランディングデザインで日本を元気にする」をコンセプトに活動する株式会社エイトブランディングデザインでは、建築設計や批評活動に加え、公共プロジェクトなどにデザインコーディネーターとして精力的に取り組む気 鋭の建築家 藤村龍至氏をお招きしトークセミナーを開催致します。

※満員御礼のため募集を締め切らせていただきました。

撮影: 新津保建秀

コミュニケーションプロセス 3つの約束事

どんなものづくりの現場でも起こる、つくり手とクライアントとのコミュニケーションプロセス。相手と合意形成をはかるためのアプローチとして、藤村氏の提唱する「超線形設計プロセス」は非常におもしろい”約束事”となっています。
なぜなら、下記のようなルールを自らとクライアントに課しているからです。

1:ジャンプしない
(論理的な連続を重視し、飛躍はしない)

2:枝分かれしない
(クライアントに対して提案は1つに絞る)

3:後戻りしない
(過去の案に戻ることはしない)

これらは、クライアントの要望を受け入れるだけの働き方ではなく、つくり手が主導権を持つことが可能となり、合意形成に向けてお互いが大切なことを理解し合うことでスピーディに仕事を進めることができるルールともなっています。
行政の仕事も多く手がけられ、建築設計、批評活動などでも活躍される藤村氏から、
プロジェクトに関わる様々な人々が共通のゴールを目指す際のコミュニケーションについてお話をうかがいしながら「クリエイティブなコミュニケーション方法」について考えます。お楽しみに!
_____________________________________________________

クリエイティブナイト第29回
藤村 龍至氏トークセミナー「良いデザインのためのコミュニケーションプロセス」
【出 演】建築家 藤村 龍至氏
【日 時】2018年4月25日(水) 19:00~21:00 (18:30開場)
【場 所】エイトブランディングデザイン 東京都港区南青山4-10-3 エイトビル http://www.8brandingdesign.com/company/
【定 員】40名 ※先着順
【入場料】2,000円(1ドリンク付)
【申 込】※満員御礼のため募集を締め切らせていただきました。

※緊急時(天候や災害などによる中止などの際)にご連絡することがございますので、当日連絡のつくお電話番号を必ず記載ください。
※満席になり次第、キャンセル待ち対応のご連絡をさせていただきます。ご了承ください。
※未就学児 童の入場は大変申し訳ございませんがご遠慮いただいております。 _____________________________________________________

【ゲスト】藤村 龍至氏

東京藝術大学美術学部建築科准教授 RFA主宰
1976年東京生まれ。2008年東京工業大学大学院博士課程単位取得退学。2005年より藤村龍至建築設計事務所(現RFA) 主宰。2010年より東洋大学専任講師。2016年より東京藝術大学准教授。2017年よりアーバンデザインセンター大宮 (UDCO)副センター長/ディレクター、鳩山町コミュニティ・マルシェ総合ディレクター。 住宅、集合住宅、公共施設などの設計を手がけるほか、公共施設の老朽化と財政問題を背景とした住民参加型のシティ マネジメントや、ニュータウンの活性化、中心市街地再開発などのデザインコーディネーターとして公共プロジェクト にも数多く携わる。
主な建築作品に「すばる保育園」(2018)「つるがしま中央交流センター」(2018)「OM TERRACE」(2017)「鶴ヶ 島太陽光発電所環境教育施設」(2014)「APARTMENT N」(2014)「家の家」(2012)「小屋の家」(2011)「倉庫の家」 (2011)「東京郊外の家」(2009)「BUILDING K」(2008)。 主な著書に『批判的工学主義の建築』(2014)『プロトタイピング̶模型とつぶやき』(2014)『アーキテクト2.0』 (2011)『1995年以後』(2009)。主なアート作品に「あいちプロジェクト」(2013・国際芸術祭あいちトリエンナーレ) 「リトル・フクシマ」(2011・堂島ビエンナーレ)。主なアーバンデザインプロジェクトに「おとがわプロジェクト」 (2015-)「久屋大通再生プロジェクト」(2014)「大宮東口プロジェクト」(2013-)「鶴ヶ島プロジェクト」(2012-)。主 なキュレーションに「Scaling‒Sketches for 2020Tokyo」(hiromiyoshii,2013)「超群島-ライト・オブ・サイレンス」(青 森県立美術館,2012)「CITY2.0」(EYE OF GYRE,2010)「超都市からの建築家たち」(hiromiyoshii,2010)。
________________________

<イベント参加規約>

●お申込について
イベントのお申し込みをいただく際、必ず伝達可能なご連絡先(携帯番号やPCメールアドレス等)をご記載ください。ご本人さまと直接連絡がつかない場合は、緊急の連絡ができないことがございますので、最新の情報を正確にご登録いただけますようお願い致します。 申込のお手続きは、受付受理の返送メールをもって完了となります。お申し込みが定員になり次第、締め切らせていただきます。

●個人情報の取り扱いについて
エイトブランディングデザイン(以降、当社)は、当社規定の「個人情報保護について」に則り、お客さまの個人情報保護に努めます。

●ご入金について
当日、会場入り口でのご精算となります。

●キャンセルについて
お申し込み後のキャンセルは原則としてお受けできません。予めご了承下さい。 止むを得ず事前にキャンセルがお分かりの際は、ほかにお客さまがお待ちの場合がございますので、下記メールアドレスにご連絡をお願いいたします。
宛先:creative@8brandingdesign.com

●ご参加上の注意
・お客さまの都合でイベントを欠席・退出された場合、いかなる理由であってもイベント代金の払い戻しは致しかねます。
・イベント時の写真撮影・録画・録音はご遠慮ください。
・イベント会場内での携帯電話のご使用はご遠慮ください。
・イベント会場内にて発生した盗難、ならびにご本人の不注意または心身障害等による事故、その他の物的事故等については、賠償の責を負いません。
・イベント会場内での参加者による物品販売や勧誘、金品の授受・貸し借りは固くお断りします。トラブル等があっても当社は責を負いません。
・イベント会場内にて、イベントに支障をきたす行為、他の参加者に迷惑をかけるような行為、または違法と判断する行為があった場合は、イベントご参加をお断りすることがございます。
・イベントの模様を記録、およびエイトブランディングデザインのウェブサイトに掲載する目的で撮影する場合がありますが、特定の個人とわかる情報をお客さまの同意なく利用することはございません。

●イベントチケットについて
お申し込みいただく際、チケットの発券・発送はございません。

●イベントについて
・イベント開催までに満席となった場合、当日券の発行・キャンセル待ちは行いません。
・イベント当日のお席については、先着順の自由席になります。
・イベント開催中に災害が発生した場合には、会場立会いスタッフが誘導いたします。
・イベント開催日、出演者、内容は変更になる場合もございますので、予めご了承ください。
・予約の残数についてお問合せは承っておりません。ご了承ください。

●中止・延期について
・出演者の都合またはやむを得ぬ事由により、イベントを中止・延期する場合がございます。
・交通機関のストライキ・遅延、天変地異などやむを得ない事情で中止・延期する場合がございます。
・中止・延期の場合、交通費などの補償はいたしかねますのでご了承ください。
・出演者の急病や交通機関の遅れ等により中止・延期となる場合は、当社より緊急に連絡を差し上げることがございます。お申し込みの連絡先に変更があった場合は、ご連絡いただけますようお願い致します。
___________

「個人情報保護について」

エイトブランディングデザインは、『個人情報の保護に関する法律』およびその他の法令(以下、「法令等」といいます)に従い、個人情報を安全かつ適切に管理しています。
エイトブランディングデザインは、法令等に基づき以下の事項を公表いたします。

1.個人情報の利用目的
エイトブランディングデザインは、取得したお名前・ご住所・お電話番号・生年月日・メールアドレスなどの個人情報を、次の目的で利用します。
事前の同意もしくは法令等による除外事由を除き、目的の範囲を超えた利用をいたしません。

お客さまに関する個人情報
(1)エイトブランディングデザインのサービスのお申し込み事項の履行およびその後の管理のため
(2)エイトブランディングデザインのサービスをご紹介するダイレクトメールなどの送付のため
(3)エイトブランディングデザインが主催するクリエイティブナレッジのサービスの開発・向上のための研究開発やアンケートのお願いなどのため
(4)ご意見やお問い合わせに対して回答を行うため

2.個人情報の提供
エイトブランディングデザインは、次の場合を除き取得した個人情報を第三者に提供することはありません。
(1)ご本人さまから事前の同意を得た場合
(2)法令等に基づく場合
(3)人の生命、身体または財産の保護のために緊急の必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難な場合


RELATED ENTRY