第 15 回クリエイティブナイトレポート

第 15 回お出かけクリエイティブナイト
日本屈指のドローン撮影で、新しい表現に挑む!
株式会社bird and insect代表 shuntaro氏・映像カメラマン林 裕介氏トークセミナー
「最先端技術 × 新しい写真表現」

初の試みとして「お出かけクリエイティブナイト」と題し、
通常会場のエイトブランディングデザインを飛び出し、株式会社釜浅商店2階ギャラリーKAMANIで開催した第15回。
今回のゲストは、ドローンを使った空撮映像のプロフェッショナルであり、写真、映像、メディアプロモーションを横断し制作を行っている、株式会社bird and insect(バードアンドインセクト)代表/カメラマンのshuntaroさんと映像カメラマンの林 裕介さんです。

会場では、様々なドローンを持参・展示していただき、さらにはミニドローンの実演飛行など最新技術に触れる異空間が広がりました。
セミナー前半では、bird and insectのお仕事紹介。
「ドローンを使った撮影のプロフェッショナル」という意識で臨んでいましたが、bird and insectの魅力は、技術ではなく、新しいことに躊躇なく挑戦していく意欲でした。
楽しいことしかやらないからこそ、楽しい時間となったセミナー。
弊社代表・西澤やお客様との掛け合いから見えてきた、おふたりの素顔に迫るお話を中心にレポートします。

▼shuntaroさん(左)林さん(右)
_MG_1026

西澤(以下、西):これまでのお仕事を色々紹介してもらったけど、やることが多岐だよね。
         世の中のカメラマンだと物撮り専門とか得意ジャンルがあると思うけど、
         ジャンルはしぼらない?

shuntaro(以下、s):そうですね、写真自体が好きだから、
           人とか物とかしばらないですね。
           光と色を考えた表現自体が好きなんですけど、
           被写体の規模が違うだけで光の表現は何に対しても追えるというか。
            新しいことをどんどんやりたいです。

西:初期の頃の作品を見せてもらって思ったんだけど、多少技術が荒くても
 「やってみたいから仕事とってくる」っていう仕事の取り方がすごいなと。
  僕ら(エイトブランディングデザイン)の働き方は、
  技術をなるべく高いところにおいて、
  それに対価をいただいている、的なところもあるから、
  なんだかカルチャーショック(笑)。

s:スタートアップというか(笑)。
  うちに頼むんだったら当たれば120%だけど、
  外れた場合は6割みたいなところは覚悟しておいてね、
  みたいなところはあります(笑)。

西:仕事は選ばない?

s:新しいこともできない、お金にもならないっていうのはやらないです。
  予算はないけど好きにやっていいっていうのはOK!

西:いつも笑って仕事してるもんねぇ。

s:楽しくなかった仕事はないですね。毎回楽しい。

_MG_0996

西:カメラマンというと、一人で完結する仕事だから、職人気質の人が多いですよね。
  ひとつの構図を追い込んでいったり。
  でもbird and insectはチームで動いてるなって感じですよね?
  ドローン撮影は、撮る人・画角を決める人・周りを見る人、
  みたいに役割分担してるもんね。
  shuntaroくんは、もともとひとりで撮ってたと思うけど、今の働き方はどう?

s:僕は大学が建築出身なんですけど、建築ってチームワークで作るじゃないですか。
  そういうの好きだから、チームでやるとできることの幅も大きくなるし
  写真以外のおもしろいことがいっぱい味わえるのもいいなと思っています。
  林くんとも、自分とは全く別のことをしたくて、一緒にやり始めたって感じかな。

林:いざ動画となると、本当にひとりじゃやれることが限られるので。
  shuntaroが写真で、僕が動画、みたいな住み分け方もできるから、最適な設計かも。

s:入ってきた仕事を適切な人にふれるっていう面でもチームはいいよね。
  仕事が出ていったり、入ってきたり、
  人が多いと窓口がいっぱいできるっていうのもいいよね。

_MG_0937

西:これまで動画って、技術にしろ機材にしろ、予算が膨大にかかるから垣根が高かった。
  それがデジカメで動画が撮れるようになったり、
  デジタル編集が個人でもできるようになって
  ここ10年で、少数チームでやってみようという流れになったよね。
  映像の垣根がどんどん低くなってきている中で、
  機材の扱いとかは先陣をきっていると思うけど、これからどうなると思う?

s:顕著に増えたのは、WEBでのムービー展開ですよね。
  iPhoneやモバイルで、受信側のパイが増えたし、
  WEBでのムービーやデジタルマーケティングが
  CMとかにとって変わろうとしてる。
  僕らは、昔のカメラマンだったら怒られるようなことばっかりやってるけど、
  それがおもしろいって言ってくれて、
  これまでCM作ってきた人たちとチームを組んだりしています。

林:最近では、みんな動画慣れしてきちゃってて、
  そうなると技術を高めるのは当然だけど、
  「見せ方で勝負」していかないとなと思いますね。

西:会社運営の一環で、ストックフォトサービスもしてるんだよね。

s:僕がいたイギリスでは、ストックフォトサービスは、
  メジャーで、そしてすごくクオリティーが高かった。
  向こうでちょっと撮って出してみたら、意外と売れるんですよね。
  それなら、自分の好きなように企画して、時間があるときにやったら得だなと思って。

西:ほかにはどんなことをしてるの?

林:講座をやったりします。
  ストックフォトは個人でやっている人も多いので、
  どうやったら売れる写真が撮れるか、など。
  僕たちも一回動画を作ったら終わりじゃなくて、
  作った流れとか、どういう風にしたらいいかっていうレクチャーで
  お金いただけるのはありがたいですね。

s:林の講座は丁寧なんで、好感を持たれてますね(笑)。

西:新しいものを追い求めるモチベーションはどこにあるの?

林:僕の場合、理系だから?探偵気質があるんですよね。
  「わからない」がおもしろいと感じる。
  なぞを解いていっている感覚に近いかも。
  普通の日常とか、スポットライトが当たらないことを撮るのが好きなんですよね。
  それが結構何でもやってみたいという気持ちを促してる気がします。
  新しい機材とかもね、新しいが故にトラブルが多い(笑)。
  でも、そのわかんないっていうのがおもしろいと思ってずっと向き合えます(笑)。

s:僕は、飽き性なんで(笑)。林が解けたものを教えてもらっています(笑)。
  興味があって、自分でも出来そうだなと思うことからやってみてます。
  新しいことをやりたくなる性分です。
  僕はほとんど独学だし、人とは違う作り方をしないと
  やっていけないなとはいつも思っています。

_MG_1019

西:クリエイティブの質をあげるためにやっていることとかはある?

s:やっぱり勉強ですね。
  一緒に仕事をする人たちのクオリティーがあがると、
  勉強しなきゃ!とやっぱりなります。
  ピンタレストを見たりとか色々なメディアを見ることを心がけたり、
  あとは基本的には、自分の作品を撮り続けることですね。

林:クリエイティブの質をあげるためにも、
  ピンではなく、チームで仕事をすることかなと思います。

西:「いい映像」「いい作品」とは、何だと思いますか?

s:数十年後に見ても、「いいな」と思えるものかな。
  今、新しく感じても、数年後にはつまらないと思うものは
  やっぱり良いものではないのかも。
  平凡でもずっと心に残るものってやっぱりあるじゃないですか。
  いいかどうかは時が教えてくれるのかも。

林:人の心に残っていくものって、
  「驚き」か「共感」かというと、長く残るのは共感だと思うんです。

西:bird and insectは、「驚き」いろいろやってきたけどね(笑)。

s:新しいことをやってみたくて、色々やってきていますが、
  これからは「驚きと共感」をキーワードにやっていきたいですね!

西:では最後に、おふたりにとっての「写真」「映像」とは?

s:僕にとっての「写真」は「生きがい」ですね。
  それをやり続けて、食えなくなって死んでもいいと思えるから。

林:「映像」は「挑戦」です。

西:本日はありがとうございました!

_MG_1034

▼初の試み「お出かけクリエイティブナイト」@株式会社釜浅商店2階ギャラリーKAMANI

_MG_0948
_MG_0957
_MG_0942

▼休憩時間には、ミニドローンの実演&体験会も!

_MG_1004

_MG_1013


RELATED ENTRY